メニュー

巻き爪・陥入爪

巻き爪・陥入爪とは

【巻き爪】は爪が強く内側に弯曲している(巻き込んだ)状態です。そのため、爪の下の皮膚を挟み込んでしまったり、爪の側面の皮膚が刺激されて炎症を起こし痛みが出ます。

【陥入爪】は爪の角や側面(爪縁)、爪の棘が爪周囲の皮膚にくい込んで慢性の爪周囲炎を起こした状態です。悪化すると、炎症や感染を併発して爪の周囲が赤く腫れて強い痛みを生じ歩くのがつらくなります。また出血しやすい肉芽を生じることがあります。深爪が最も多い原因とされています。主に、足の第Ⅰ趾に生じますが、他の足の趾や手の指にできることもあります。また、巻き爪と陥入爪を合併することもあります。

巻き爪

陥入爪
Eingewachsener Zehennagel mit Granulationsgewebe und einer Narbe von einer erfolgreichen OP in Form einer NagelbettverkleinerungNagelbett

 

 

陥入爪・巻き爪の原因

1.深爪の習慣
一番大きな原因は深爪です。
爪の端をきちんと切ろうとしても、実は家庭用の爪切りでは、爪の端まできちんと切ることができません。
無理やり奥まで押し込んで切っても、端がトゲ状になって残り、このトゲが皮膚に食い込んで、激痛を生みます。深爪にすることで一時的に痛みは軽減するのですが、深爪をすると爪の周りの肉が爪に向かってきます。そのため、後で爪が伸びてきたときにかえって両側の肉の爪への食い込みがひどくなり、陥入爪が悪化してしまう悪循環となってしまいます。爪は短く切らずに伸ばすようにしましょう。
How to trim your toenails correctly. Proper and improper trimming of nails. Line illustration of cut straight and cut too deep. Pedicure, manicure, beauty spa salon
2.靴による圧迫
足に合っていない靴で爪の周囲が圧迫され続けることが原因です。女性に多く見られ、高めのヒールや、先端が尖ったパンプスなどを履く機会が多い場合は特に注意が必要です。
また、立ち仕事の方などは、足に負担をかける時間も長くなり、巻き爪になりやすいです。
3.爪の形状(遺伝的要素)
4.スポーツ(母趾に大きな負荷がかかるもの、瞬発力を必要とするもの、母趾の強打)
5.肥満、妊娠(急激な体重の増加)
6.長時間歩行・登山
7.爪の水虫(爪白癬)

陥入爪・巻き爪の症状

陥入爪(巻き爪)が悪化すると、爪が足の趾の肉に食い込み、足の趾が炎症や化膿や不良肉芽を起こし、腫れ・赤み・痛みが発生します。炎症がエスカレートすると皮膚が化膿し、歩くことも困難になり、

不自然な歩き方になったり、痛い趾をかばい、足首・膝・腰などに負担がかかり、足や膝が痛くなったり、腰痛を起こす原因にもなります。
ですので、陥入爪(巻き爪)といえども、しっかりした治療が必要です。

陥入爪・巻き爪の治療

爪を短く切り過ぎる(深爪)と炎症を起こしやすく、陥入爪の悪化の原因ともなります。
逆にいうと、爪を適切に切ることで手術しなくても保存的方法(消毒・軟膏塗布など)で軽快することも期待できます。

当院では、爪の正しい切り方指導から、巻き爪には巻き爪マイスター法、陥入爪にはテーピング法、コットンパッキング法、ガター法、フェノール法を行っています。

1.正しい爪の切り方をマスターしましょう
女性は見た目を気にして爪を丸く切ることが多く、深爪になりやすいので注意してください。
爪の先端は真っ直ぐに、両端は直角になるように、指先寄りも少し長目に切りましょう。

2.爪を伸ばす
単純なことですが、深爪が原因なのですから、爪を切らないで伸ばせばよいのです。
爪の端が指の外に出るまで伸ばしてください。
自宅で簡単に誰にでもでき、しかもお金がかかりません。
ただ、実際に伸ばそうとしても途中でかえって痛くなってしまい、結局、切ってしまう方もおられます。実は、爪のくい込み方がひどいと、爪の端のトゲ状の部分が伸びるときに指先にひっかかり余計に痛くなるのです。次に述べる方法で伸ばすことが可能です。

3.テーピング法
くい込んで痛い側の爪の横の皮膚に弾性絆創膏(伸縮するテープ)を貼り付けます。次に、矢印の方向へ弾性絆創膏を引っぱりながら、らせん状に足の指に巻き付け固定します。爪と皮膚の間に隙間を開け、爪からの刺激を減らして痛みや炎症を軽減し、爪の正常な再生を助ける方法です。炎症性の肉芽組織があっても行えます。この処置で痛みは楽になり、爪を十分に伸ばすことができます。ガター法と併用することもあります。受診の際に具体的な方法を実際に行ってご説明します。

4.コットンパッキング
トゲ状の部分が指にくい込んでひっかかってので、爪を持ち上げて指の外に出せばよいのです。
コットンパッキングは爪を持ち上げるための方法です。爪の端のくい込んでいるところに綿を詰めていきます。ポイントは、一度にたくさんの綿を詰めないことです。理由は、痛いし、無理に綿を詰め込むと、中でトゲ状のものが折れてしまい、皮膚の中に残って、痛み倍増となり、化膿してくる恐れがあるからです。無理のない量を毎日少しずつ詰めていきましょう。
ちょっとずつ爪が持ち上がり、爪が伸びてきたら、ひっかからず、指の外に出るはずです。

5.ガター法
陥入爪の治療には爪の角や側面、爪のトゲによる刺激を無くすことが重要で、先端部分にトゲがあるときにはまず爪切りを行うこともありますが、程度が強い時は爪のわきに縦に割を入れた短く切った医療用チューブをはさみ、炎症を起こした爪周囲の組織を保護して炎症を抑え、爪を正常な再生に導きます。陥入爪で炎症性の肉芽組織がある場合はしばしば爪がふやけて外側が浮いていることがあります。このようなときはチューブを挟みやすく麻酔なしでも可能です。痛みが強くて触れない場合や、チューブを挟むために爪のわきの部分的な剥離が必要な場合は部分麻酔をします。チューブは医療用の接着剤で固定します。チューブを入れると痛みはかなり軽減します。爪が伸びてきてもそのまま入れっぱなしでもよいですが、先端部分は爪と一緒に切って短くするか、時々チューブを入れ替えます。巻き爪も合併している場合は巻き爪マイスター法などを併用することもあります。

※ 以上の処置で改善しない場合は、巻き爪マイスターなどの矯正法や手術(フェノール法)が必要です。

 

巻き爪マイスター法

手術をせずに爪の形をできるだけ平たくし、爪の端を持ち上げて巻き爪を治療する矯正法です。巻き爪マイスターとはコイルバネに内蔵された弾力のある細いワイヤーの戻る力を用いて爪の形を少しずつ矯正する方法です。ワイヤーの端のフックを爪の端の伸びた白い部分にひっかけて加締めて装着します。装着時に痛みはほとんどありません。そのままお風呂に入れ、つま先の狭い靴でなければ靴もはけます。軽度から中等度の巻き爪が適応です。爪の角が伸びていない場合、ひび割れなど爪に異常がある場合、爪の厚さが薄い場合は装着できません。原則的には麻酔不要で、取り付けに痛みが基本的にはなく、施術当日から入浴・運動が可能です。
従来の爪に穴をあけて装着する超弾性ワイヤーによる矯正法の場合は、1か月程度でワイヤーをはずし、伸びた分の爪を切ってからまた新たなワイヤーを装着する必要する必要がありますが、巻き爪マイスターでは爪に装着したままスライドさせることができますので付け替えの必要がないのはメリットです。また、超弾性ワイヤーの場合は爪に穴をあける必要がありますので穴が広がったりして爪が割れる心配がありますが、巻き爪マイスターでは挟むだけで爪に穴をあけませんので割れるリスクが少ないことも利点といえます。
装着するため、深爪せず爪の角を丸く切らずに、爪の先を最低3mmほど伸ばし、来院してください。

製造元:マルホ発條工業株式会社

詳しくはこちら

巻き爪マイスターによる矯正治療Q&A

Q. 費用はどれくらいかかりますか?

爪矯正に関しては保険適用外となりますので自費での対応となります。
初回の矯正はひとつの爪に対し、巻き爪マイスターの場合、初診料2,200円、処置料(材料費・手技料含む)8,800円、2回目以降再診料1,100円です。

Q. 爪の周辺が赤く腫れていたり膿んでいたりしますが矯正は可能ですか?

爪の状態を確認にしてみないとわかりませんが、まず炎症に対する治療(消炎鎮痛薬処方など)を優先させつつ、同時に矯正を行うことが可能です。

Q. 爪が厚いように感じますが矯正は可能でしょうか?

爪が厚いからといって矯正ができない、ということはありません。ただし爪が厚いということは爪が硬い、ということですから治療に時間がかかります。また、非常に厚い爪の場合は角質を除去したり爪を削って巻き爪マイスターを装着できるようにしてから装着いたしますが、あまりにも厚い場合は装着不可能なこともございます。

Q.子供でも矯正治療は可能ですか?

可能です。子供の爪は、比較的やわらかいので矯正の加減をしながら行います。

Q. 爪が白っぽくなっていますが矯正は可能でしょうか?

爪白癬(爪の水虫)を患っている可能性があります。まずは白癬菌がいないどうか検査し、必要に応じて爪白癬の治療をお勧めします。また同時に巻き爪矯正を行うことができます。

Q. 矯正後、治療前の痛みが取れるまでどのくらいかかりますか?

爪の変形度合にもよりますが、多くの場合は矯正直後から痛みが軽減します。症状の重い方でも徐々に痛みは軽減しこれまで歩行時などでも痛みを感じていた方でもそれほど気にならないレベルに改善されます。

Q. 矯正(治療)の期間はどれくらいですか?

爪の変形が改善されるまでには早ければ1か月。平均的に3か月~6か月は見てください。ただし矯正期間はある程度長めに見ておいていただいた方が安全です。見た目矯正された方と言ってすぐに外してしまうとまた元に戻ってしまうこともあるからです。爪の変形が強い場合6か月から長くて1年近くかかってしまうこともあります。

Q. 当日お風呂に入れますか?

当日から入れます。

Q. スポーツは可能ですか?

爪の矯正中でもスポーツは可能ですが、あまり激しい動きはお勧めできません。やはり足(多くは足の親指)に強く体重がかかったり、矯正している爪に圧力や衝撃がかかると巻き爪マイスターが外れてしまう可能性があります。また極度の爪への圧力は、変形を戻していこうとする矯正力に影響しますのでスポーツはほどほどに楽しむ程度がよろしいかと思います。ゴルフ、水泳、などのスポーツは可能だと思いますが、サッカーやテニスなど足の指に力のかかる激しいスポーツは避けた方が賢明です。

Q.ハイヒールは履いてもいいですか?

足先のきつい靴やハイヒールを長期に履き続けていたことが原因の一つと考えられますので少なくとも矯正をしている期間はなるべく控えていただきます。また矯正が終了してからもつま先に圧力(負担)がかかる靴は避けるべきだと考えます。再発しやすくなるリスクもあるからです。

Q. 矯正期間の爪切りはどうすればいいですか?

爪が伸びてきたら、当院で巻き爪マイスターを根本側へスライドさせますので、伸びた爪を切ることができます。

Q. 巻き爪マイスターは靴下やストッキングに引っかかりませんか?

巻き爪マイスターは爪からの突出が数ミリありますので全く引っかからないわけではありません。当院では装着した巻き爪マイスターの出っ張りと脱落防止のためにテーピングを行っております。

Q. 通院の間隔はどれくらいおきですか?

初回巻き爪マイスター装着後は一週間後に爪の状態や装着の不備がないか確認をしますのでご来院下さい。その後は矯正されるまで2~4週おきの通院をお願いいたします。

Q. 巻き爪マイスターが外れてしまうことがありませんか?

外れてしまう可能性はあります。爪が矯正されていく過程でゆるみが生じたり、爪を切った時の衝撃や激しいスポーツなどで外れることがあります。巻き爪マイスターは爪の端を金属部品を曲げて把持することで装着しますので、一度使用した巻き爪マイスターは原則再利用できません。当院では脱落防止のためテーピングを行っていただいております。

フェノール法

再発を繰り返す炎症を伴う陥入爪や、なかなか化膿が引かない場合、膿んで肉芽が形成されている場合は、保存的方法(薬やテーピング等)では、炎症を抑えられず、巻き爪マイスターなどの矯正法を行えない陥入爪にはフェノール法を行います。食い込みがひどく、化膿して痛みが強いが、巻きがひどくない方に適しています。このような状態を放置しておくと爪周囲の炎症が広がり肉芽の盛り上がりが増し、痛みも悪化し日常生活にも支障をきたすようになります。

爪のくいこんだ部分を除去した後に組織腐食作用を持つフェノールを爪母(爪を作る部分)に塗ることにより、食い込んだ部分に再び爪を生えさせず、再発を防ぐ手術(保険適応)です。縫合や抜糸の必要がなく、出血が少ないといった特長があります。

当院の手術手順

ブロック麻酔をしてから、炎症と痛みの原因となる陥入した爪をその根元(爪母)から取り除き、再度その部分の爪が再生しないようにフェノール液を使って変性処理します。綿棒にフェノール液を浸し、爪母に30~60秒あてる処理を5回程度、合計5分程度繰り返します。その後、フェノールの効果が持続しないように無水エタノール10mlで中和し、生理的食塩水で洗浄し、包帯を巻いて終了です。
縫合処置はしませんので、麻酔から包帯を巻くまでの時間は、約30分以内と短時間の手術です。

フェノール法Q&A

Q. 手術で用意するものは?

手術当日は、包帯やガーゼの厚みで靴を履けないので、草履やスリッパ、足の指が覆われていないサンダルのいずれかをお持ちください。

Q. 手術は痛いですか?

指の根元に2回針を刺して局所麻酔薬でブロック麻酔を行います。麻酔時は痛みを伴いますが、手術中は痛みはありません。

Q. 手術後は痛いですか?

当日、翌日ぐらいまで痛みが続きます。ただ、もともと痛みが強かった場合は、その痛みがなくなるため相殺されて逆に痛くなくなることも多いようです。その後は速やかに痛みは治まります。
痛みに対しては痛み止めの内服薬を処方いたします。

Q. 手術時間はどれくらいですか?

麻酔をした後、麻酔がよく効くまで10分程お待ちいただきます。その後は1ヶ所につき10~20分くらいの手術時間です。

Q. 出血はいつまで続きますか?

手術後、翌日診察時には出血は止まっていることが多いです。出血が多少あっても当日のうちにほぼ止まります。

Q. 手術後の処置は?

傷の状態確認のために翌日受診いただき、化膿せず止血していることを確認後からシャワーは可能です。患部をシャワーでよく洗い流し、入浴後、外用剤を塗り、ガーゼで保護する処置を行います。患部の炎症が治まり乾燥するまで、この処置をだいたい2週間程度行います。

Q. 手術後はスポーツしていいですか?

手術後は数日間、運動は控えていただきます。術後の通院中に炎症や感染がないことが確認できれば許可いたしますのでご相談ください。

Q. フェノール法ができないのはどんな場合?

曲がりのきつい巻き爪や、爪の幅が非常に狭い方には不向きです。また、末梢循環障害のある方にはリスクが大きいため施行できません。

Q. フェノール法の問題点は?

爪の幅が少し狭くなること、再発の可能性が少しあることです。

Q. 費用はどのくらいかかりますか?

保険診療です。ご本人負担額は、3割負担の場合8,000円前後(片側のゆび1本)となります。
保険1割負担の場合は上記の約1/3です。この他に診察料や処方箋料、薬材料が必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME