メニュー

リハビリテーション

当院のリハビリテーション部の特色

当院のリハビリテーション部門は、マンツーマンの個別リハビリ(運動療法・徒手療法)・物理療法を組み合わせて治療を行っております。
リハビリ治療は個別リハビリ・物理療法ともに初診の方は医師の診察を受けてから開始となります。個別リハビリは完全予約制となっており、在籍する理学療法士3名が患者さまごとにプログラムを作成しリハビリテーション室で行っております。
専門の知識や技術を生かし、患者さまの日常生活やスポーツ競技、業務への復帰はもちろん、生活の向上や症状の改善のため、笑顔で元気にリハビリテーション治療をさせていただいています。何かお困りのことがあれば、当院へお気軽にご相談ください。

スポーツ選手のリハビリテーションにおいては、理学療法士が運動や動作時の痛みを中心としたスポーツ外傷・障害、成長期の疾患、整形外科疾患に対する運動療法・物理療法のほか、トレーニングやフォーム・スキルチェックを組み合わせて、早期の日常生活およびスポーツ復帰を支援します。

患者さん個々に応じた高度なリハビリテーション医療の提供

「運動療法や徒手療法を駆使し、患者さま一人ひとりに適した最良のリハビリテーションを提供する」を理念に掲げ、整形外科領域の専門職として、 患者さまのお役に立てるよう日々知識・技術の研鑽に励んでおります。 理学療法士は担当制を設けており、患者さんが安心して一貫した治療が受けられるよう努めてまいります。 また患者さま一人ひとりに丁寧に対応できるよう、各セラピストに治療用ベッド一台を配し、安心してリハビリを受けていただける環境をご提供しております。

理学療法士-医師間の密な情報共有による効果的な治療

医師と理学療法士がタッグを組んで患者さま一人ひとりに最適な治療プログラムを作成しております。当院では理学療法士と医師が密接に情報を共有することで、より効果的な治療を目指します。

知識と技術の絶え間ない進歩

セミナーや勉強会、学会に積極的に参加し、新たに得られた知見を患者さまに還元できるよう技術向上に積極的に取り組んでおります。 今後もより安全で効果的な、安心して受けていただけるリハビリを目指して取り組んでまいります。


∧リハビリテーション室

 

リハビリテーションとは

リハビリテーション(rehabilitation)とは、「身体に障害のある人などが、再び社会生活に復帰するための総合的な治療的訓練で、身体的な機能回復訓練のみにとどまらず、ケガなどで競技ができなくなっているアスリートが早期復帰するための治療や訓練などのような精神的・職業的な復帰訓練も含まれます
その語源は、ラテン語でreは「再び」、habilisは「人間らしい」、「できる」という語で、「 再び人間らしく生きる」、「再びできるようにする」という意味になります。昔は「権利の回復」、「名誉の回復」などの意味で使われていた時代もあったそうです。

現在のわが国におけるリハビリテーションは、職場復帰や経済的自立を支援する目標にととどまらず、障害の原因となる疾病などの予防や治療のためのリハビリテーションも図られるようになっています。加齢に伴う退行変性や老化の予防や維持、病気や怪我を治療し以前の状態に可能な限り近づけること、障害の原因となる病気やケガの予防のための生活指導や予防リハビリテーションなどが現在の主なリハビリテーションの目的となっており、私たちの生活と切り離せない重要な部分を担っています。さらに、介護予防地域包括ケアシステムなどの取り組みも始まり、リハビリテーションに多種多様な役割を求められるようになってきています。

当院では、リハビリテーションのスペシャリストである理学療法士が直接痛みのある部位だけではなく、痛みの原因となる部位や身体の使い方も含め総合的にアプローチしていきます。可能な限り早期に社会復帰、スポーツ復帰ができるよう患者さまとマンツーマンで状態の評価と評価に基づいた効果的な運動指導、筋力トレーニング指導、姿勢指導、ストレッチ指導などを実施していきます。
人工関節など術後の方にはより動作の質を高める訓練を実施し、スポーツ障害の方に対してはトレーニング指導、フォーム指導なども積極的に実施しています。

理学療法士による評価

医師の処方を確認した上で身体的な評価を行います。
医師の行う検査は診断と治療方針を決めるため、一方リハビリテーションでは機能評価を目的として行います。
具体的には、関節の動き(可動域)の大きさ、筋肉の柔軟性、筋力、姿勢、動作の効率、症状に悪影響のある動作の習慣などを調べ、問題を解決する方法を模索します。症状の改善のためにこれらを分析することを「評価」と呼びます。

当院のリハビリテーションの3つの柱

①物理療法

物理療法はこちら

②徒手療法

骨関節・筋肉の障害のある方には非常に有効な療法です。関節の動きの程度や質を正常化させ、筋肉の硬さや働きの程度を痛みとの関連から検討し、あらゆる徒手療法を組み合わせて改善していきます。これらの徒手療法では原因となる深部の関節機能異常を治療対象にしますので、表面の硬い筋肉をほぐすために行われる通常のマッサージとは治療目的が異なり、根本的な治療として有効です。

③運動療法

身体全体または一部を動かすことで、症状の軽減や機能の回復を目指す治療のことです。徒手療法で改善した関節や筋肉の状態を持続させるため、また筋肉が部分的に弱い場合や運動不足がある場合などにも行われます。予防や治療の目的で、腰痛体操、転倒予防など、筋力と柔軟性、バランス能力の改善を目的に行います。運動療法は、患者さんご自身の自然治癒力を増進させる方法であり、とても効果的です。また、生活習慣病(高血圧・動脈硬化・虚血性心疾患・糖尿病・高脂血症等)に効果的とされており、心臓疾患・脳疾患など、「生活習慣+ストレス」により生ずるその他の疾病についても、運動により生活習慣を改め、よりストレスを軽減することで、予防・治療効果を高めることも期待されています。運動療法・物理療法以外にも、当院では患者さま一人ひとりの身体の状態に合わせた、自宅で継続可能な「自主トレーニング法」や「日常生活上の注意点」などについても、丁寧にアドバイスいたします。スポーツリハビリの分野では、超⾳波や⼊念な診察の後にリハビリテーションプログラムをたて、関節の負担を考慮し、アスレティックトレーニングを行います。スポーツリハビリでは、筋肉の使い方やアンバランスさ、アライメント修正を始め、各スポーツに応じた動作の修正などを行います。

 

リハビリテーションの対象となる主な症状・疾患

スポーツ活動に早く復帰したい:スポーツ整形外科、スポーツ障害 競技に応じたアスレティックリハビリテーションを行います。
首や肩が痛い:肩こり、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、肩関節周囲炎(五十肩)、腱板断裂など
腕が上がらない:腱板断裂、腱板損傷、C5麻痺(頚椎神経根麻痺)など
手がしびれる:頚椎症性脊髄症、手根管症候群、肘部管症候群など
足がしびれる:腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなど
腰が痛い:変形性腰椎症、慢性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、仙腸関節障害、坐骨神経痛など
歩くと膝が痛む:変形性膝関節症、特発性大腿骨内顆骨壊死、半月板損傷など
体がよく動かない:外傷後関節拘縮、廃用性筋委縮、頚椎症性脊髄症など
体を動かすと痛みがはしる:腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症など
外傷後に関節や筋肉が動かしにくい:関節拘縮、廃用性筋委縮、複合性局所疼痛症候群(CRPS)など
手術後に関節が動きにくい、痛い:術後関節拘縮、廃用性筋委縮、複合性局所疼痛症候群(CRPS)など

・・・など様々な整形外科疾患が該当いたします。
気になる症状があればぜひご相談ください。

Rehabilitation therapy. Physiotherapist working with young male patient in the rehabilitation center

個別リハビリテーション実施時間

 

午 前

午 後

月火木金

9:00 ~ 12:30

15:00 ~ 18:00

水土

9:00 ~ 13:00

日曜日・祝日・祭日は休診です。
リハビリは1回お1人20分で担当制・完全予約制ですので、初めてお受けになる際はお待ちいただく場合がございます。また、診療状況によって予約時間どおりにリハビリを開始できない場合がございます。予めご了承ください。

 

個別リハビリテーションの流れ

・医師の診断の下、リハビリ適応の患者さまに対してリハビリを開始いたします。

・患者さま一人ひとりの状況に応じて、医師と協力して治療プログラムを作成します。

・治療プログラムは運動器リハビリテーション実施計画書を作成し、患者さまの状態の変化を確認しながら随時更新し実施致します。

・標準的リハビリテーション実施期間である150日以内での症状改善を目指し、取り組んで参ります。

・他院で手術を受けた方も、術後運動療法として当院での外来リハビリの継続が可能です。

初診の流れ

受付で保健証(お持ちであれば診察券も)提出 

医師の診察後、当日の個別リハビリが可能な場合はお名前が呼ばれるまで待合室でお待ちください。空きがない場合は後日で予約をお取りいたします。

問診・検査

担当理学療法士が決まり次第、理学療法士が問診や各検査を行い、患者さんの状態を確認致します。

リハビリプログラム作成

問診や各検査から、患者さん一人一人の状態に合ったリハビリプログラムを作成致します。

運動療法・運動指導 

理学療法士の作成したリハビリプログラムに沿って運動療法・運動指導を行います。

お会計・診察券返却

治療終了後、担当療法士より、次回以降の通院について説明致します。
予約状況や混雑状況により物理療法を前後に組み合わせる場合があります。

 

2回目以降の方

受付

受付に設置してあるリハビリ受付箱に診察券を入れ、予約時間になりましたら、中待合を通ってリハビリ室へお入りください。

担当療法士による状態の確認と治療

理学療法士による、症状の確認と初回時のリハビリプログラムの確認・再検討を行います。

運動の再確認や、追加の運動を実施

検討結果により運動療法を行います。

次回の予約

治療終了後、担当療法士より次回の予約をお取りします。
予約状況や混雑状況により物理療法を前後に組み合わせる場合があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME