メニュー

股関節の痛み

股関節の痛みには適切な診断のもと、各種鎮痛薬やリハビリ、関節内注射などの治療を行っています。
骨折がある場合は適切な治療を受けられる病院へ紹介させていただくこともあります。

白背景で痛む股関節を押さえる女性

主な症状を記載してありますので、当てはまる方は疾患名をクリックしてご覧ください(例外もございます)。

変形性股関節症 立ち上がる時や歩行で股関節が痛い
大腿骨近位部骨折 転倒してから股関節が痛くて歩行困難な高齢者
特発性大腿骨頭壊死 ステロイド治療したことがある方や飲酒の多い方で、立ち上がる時や歩行時に股関節が痛い
グロインペイン症候群 サッカーなどスポーツをしていて股関節周辺が痛い
単純性股関節炎 けがをしていないのに股関節を痛がるか、うまく歩けない3~10歳児
ペルテス病 けがをしていないのに股関節を痛がるか、うまく歩けない活発な痩せ気味の3~10歳児
大腿骨頭すべり症 けがをしていないのに股関節が痛い太り気味の小学校高学年~中学生
股関節唇損傷  
股関節インピンジメント症候群  

 

変形性股関節症

股関節は骨盤と大腿骨をつなぐ関節です。大腿骨の上部(大腿骨頭)は丸くなっていて、骨盤側の受け皿にはまっています。
大腿骨頭の表面は、軟骨で覆われ、滑りやすくなっているので、股関節が自在に動きます。

変形性股関節症とは、股関節の軟骨がすり減り、骨盤側の寛骨臼と大腿骨頭がこすれて変形が進行する病気です。

変形性股関節症の症状

変形性股関節症は、痛みが出現し、関節の動く範囲が少なくなります。最初のうちは、動き始めに痛みを感じることが多く、病気が進むとじっとしていても痛みを感じるようになります。

また、動いているときも痛みが強くなり、脚の長さの差が出たり、筋力が低下することもあるため、体が左右に振れる歩き方になってしまう方もいます。

変形性股関節症の治療法

  • 抗炎症薬
    • 痛みを軽減します
  • 減量
    • 関節への負担を減らします
  • リハビリ
    • 筋力強化を行い、関節への負担を減らします
  • 脚の長さの差がある場合は、差を減らすための足底板を用いることがあります。
  • 関節内注射
    • エコーを使用して、正確に関節内に注射を行います
  • 手術
    • 傷んだ骨の一部を取り除き、人工の関節に置き換える人工股関節置換術を行います

変形性股関節症のパンフレット

 

大腿骨近位部骨折

3d rendered medically accurate illustration of a broken femur neck

骨粗しょう症の方は、転倒などの軽微な外力で大腿骨(もも)の付け根が骨折します。日本では年間10万人以上がこの骨折を起こすと言われています。寝たきりや死亡の原因となることも多く、手術が必要なことが多いです。骨折の部位や折れ方により、骨を金属で固定する手術や、骨(大腿骨頭)を金属に置き換える手術が行われますが、受傷前の歩行能力を維持できる方は少ないと言われています。

日ごろから骨粗しょう症の検査と治療をしっかり継続し、骨折を予防することが最も重要であることは言うまでもありません。当院では骨粗しょう症による骨折連鎖を防ぐため、様々な取り組みを行っております。

大腿骨近位部骨折のパンフレット
骨粗しょう症について詳しくはこちら

 

特発性大腿骨頭壊死症

症状

特発性大腿骨頭壊死症の症状は、比較的急に始まる股関節痛と跛行です。長い時間かかって進行する変形性股関節症と違って比較的急性に発症しますので、関節の変形による機能障害は初期にはあまり見られません。

原因と病態

身体の他の組織と同じように骨にも血液循環が必要なのですが、元々血流障害を起しやすい場所があります。大腿骨頭はその代表的な部位で、軟骨で被われた大腿骨頭が関節内に深く納まっているため血管が少なく、血流障害を起すと骨の壊死が引き起こされます。この壊死した骨の部分が大きいと体重を支えきれなくなって、潰れて(陥没変形)しまい痛みが出てくるわけです。
潜函病(せんかんびょう)といって潜水夫が浮上してくるとき血液中に生じた気泡が骨の中の血管に詰まり発症する、大腿骨頚部骨折後に発症するものなどが知られていましたが、現在は原因がはっきりしていない場合「特発性」大腿骨頭壊死症と呼んでいます。
本邦では年間2000人程度の発症があることが知られていますが、男性ではアルコール多飲、女性ではステロイド(副腎皮質ホルモン)剤の服用(特にステロイドパルス療法:大量のステロイド剤を短期間に投与する方法)に関連して生じることが多いことが分かっています。

診断

診断は早期にはレントゲンで変化が見えませんので、疑われたらMRIを撮ります。
MRIで帯状低信号域などの特徴的な所見があれば確定します。

治療

股関節痛が出た時は既に陥没しかかっていると考えられます。
初期は比較的強い痛みがありますが、杖の使用や局所の安静、投薬で治まる場合も多いです。骨壊死の範囲が広い場合や、ステロイドの使用などで骨粗鬆症が強い場合は陥没変形に歯止めがかからない場合が多いのですが、男性で骨が丈夫な場合など徐々に痛みが楽になることもあります。

壊死範囲が広く変形が進行する可能性が高い場合には、自分の骨を使う手術として大腿骨内反骨切り術や大腿骨頭回転骨切り術という手術を行うことがあります。これらの手術の目的は大腿骨の形状を変化させることにより荷重面(体重のかかる部位)に健常な関節面をもってくることにより陥没変形の進行を抑えることにあります。
また年齢にもよりますが、既に変形が進行してしまい自分の骨を温存する手術をすることが困難と思われる場合は人工股関節手術の適応となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME